頭痛にいい薬ですが、頭痛(今までに感じたことのないような痛みであるのなら、病院で精密検査を受けた方がいいでしょう)が起こっている原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)によって服用を勧める薬が異なってきますので、一概にこれ!とは断言できません。 ドラッグストア等で購入することができる薬では、バファリンやナロンエース、イブといった鎮痛剤があります。 これらの市販薬でも、一般的な頭痛は抑えることができます。 しかし、鎮痛剤なんかの痛みを和らげる薬は胃に悪いという声が挙がっているのも事実ですから、胃を荒らさないためにも、何か胃に入れてから服用した方がいいですね。 また、脳腫瘍などが原因で頭痛(外傷以外の原因で頭部に痛みを感じる症状をいいます)が起こっている時には、鎮痛剤(アセトアミノフェンがどういう作用によって痛みを鎮めているのかは、実はまだよくわかっていないのだとか)を服用しても効果が現れず、全く痛みが治まらないこともあります。 それに、ストレスからくる頭痛の場合は、鎮痛剤で抑えることもできますが、ストレス(元々は物理学用語で、カナダのハンス・セリエ博士の論文により、医学用語としても使われるようになったそうです)性の病気を患っている人に処方される薬を飲んだ方が効果が現れることもあるでしょう。 たとえ頭痛の原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)が同じだったとしても、人によって合う薬は違います。 市販薬(簡単に買えますが、症状や体質に合わないこともよくあるでしょう)で頭痛が改善されないようの場合であれね、早めに医師による診察を受けて、病状や体質に合った薬を処方してもらってくださいー